ぐるぐるソウル

韓国グルメ・カフェ・コスメ紹介٩( 'ω' )و

韓国ティーあるある


これ、結構な確率で日本人が経験してそうな
韓国カフェでの失敗に当たると思うんですけど

なんか韓国のカフェで頼む「アイスティー」って
歯が溶けるほど甘いですよね。



日本ではまず

アイスティー = 紅茶

っていう認識で、頼むと大体甘くない
ストレートティーが出てくると思います。



でも韓国で「アイスティー」というと、何故か

リプトンの激甘アイスティー

という認識なのです。





マートとかにも売ってるこの粉末?を
水に溶かして提供してるだけww


本当に激甘で、ちょっとビックリしちゃう。


あとこれもあるあるだと思うのが


英語表記でLemon TeaとかGrapefruits Teaって
書いてあるのを見て、フルーツ風味の紅茶かな?
と思って頼んでも全然違う物が出てくるやつ。





↑こんなん。

日本人が思うティー要素、なし。


このように果物+ティーという
名前のメニューは、大体は柚子茶みたいに
果物の砂糖漬けを水orお湯で割ってる物になります。





じゃあ「日本でいうアイスティー」が飲みたい!
って時はどうするかと言うと

もちろん店によって違うけど、
大体アールグレイとかアッサムとかの
紅茶の種類の名前で頼む感じになるかと思います。


もしくは홍차(ホンチャ)って言えばいいのかな?


なんかこのティー関係、
最初把握するまでに結構時間かかったし
たまに未だに勘違いしちゃうんだよね( ¯•ω•¯ )



とりあえず甘いの苦手な人は韓国で
「アイスティー」を絶対頼んではいけませんw



にほんブログ村 海外生活ブログ ソウル情報へ

Instagram:vvseoulfoodvv